見て見ぬふり、とか言う。知らんぷり、も同じ意味だろうか。実は、僕はこれをよくやる。面倒くさいことから逃げる常套手段だ。そこから黙って去るだけで、出来ない理屈を捏ねることもない。力不足であるとも思わない。ただ、したいようにしているだけ。端的に言うなら、全てが『遊び』。感情のボルテージが高い方に邁進している。僕にどうしようもなく欠落している部分があるとするなら、それは、『大人』、である。
e0200791_22434083.jpg

[PR]
# by sasake-666 | 2015-11-03 22:45
日曜日で休日。休日は大抵好きなことでいっぱいです。仕事用のケータイの電源を切り、遊びに家事に満喫しました。
[PR]
# by sasake-666 | 2015-11-01 20:41
これについては言いたいことがある。僕は挨拶が苦手である。自分からすることを心がけてはいるけれど、特に仕事場では、時々しないことがあるくらいだ。時々しかしない、と言っても良いだろうか。良くはない。きっと嫌な奴だと思われているだろう。家にいるときの方が挨拶の頻度は高いかも。おはよう、行ってきます、ただいま、いただきます、ごちそうさまでした、おつかれさま、ありがとう、どういたしまして、ごめん、しつれい、すみません、おみそれしました・・・。今書いていて思いついたのだが、つまり、挨拶とは愛情表現なのだろう。ただの挨拶だ、と思っているうちは、いつまで経っても苦手なものだと思われる。
e0200791_23405944.jpg

[PR]
# by sasake-666 | 2015-10-31 23:41
一日一善。この言葉を初めて聞いたのは確か小学生低学年の頃だ。何か他人のために良いことをする、という意味で使っていたと思う。それまで自分が楽しいことしか考えて来なかった自分にとっては、人のためになにか良いことをする、ということ自体が新鮮だった記憶がある。学校の先生が話す一日一善の意味を、いくばくかの驚きを持って聞いていた。人のために?なにを?どうやって?わからなかった。しかし、今思うと、これは自分にとって、ある種の芽生えだったと言える。

時は今。2015年10月30日。妻に選ばれるようにして一緒になり、愛しい息子を持ち、全てが上手くいけば翌2月には次男がここにやって来る。彼らのために一日何膳もしなければならない毎日である。あの頃の僕がここまで成り上がった。まったく大したもんだ。たまには、自分を褒めてやりたい。以上、一日一善くらい自分のために、というお話でした(笑)。
e0200791_21101770.jpg

[PR]
# by sasake-666 | 2015-10-30 21:10
夜になって奥様A氏と息子Iくんが寝静まった後、ウイスキーを吞むのが日常になっています(にっこり)。さらにGSとムード歌謡、及びタブレット純、そして米津玄師にハマりつつあり、やはり夜な夜なウイスキーを吞みつつ、これらを楽しんでいます(にんまり)。朝は朝で、ラジオの「すっぴん」と、午後は「午後のまりやーじゅ」を聴きつつ車の運転に励む毎日(にこにこ)。相変わらず日記が全然続きません(苦笑い)。以上、ざっくりと近況でした。
e0200791_21282268.jpg

[PR]
# by sasake-666 | 2015-10-29 21:28